ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 保健・健診・検診 > 北海道不育症治療費助成事業について

北海道不育症治療費助成事業について

北海道では不育症に関する治療や検査を受けている方の経済的負担を軽減するため不育症治療費助成事業を実施しています。

1.対象となる検査・治療

●検査 子宮形態検査、染色体検査、内分泌検査、抗リン脂質抗体検査、凝固因子検査

●治療 手術療法、着床前診断、抗甲状腺薬、甲状腺ホルモン剤、インスリン、低用量アスピリン療法、ヘパリン療法、カウンセリング

2.対象者 夫婦のいずれか一方が北海道(札幌市、旭川市、函館市を除く)に住所を有する方のうち、医師が不育症と判断した者で法律上の婚姻関係にある者。夫婦の所得が730万円未満である者。(ただし、同一の検査・治療に関して他都府県、政令市および中核市から同等の給付を受けた方または受ける見込みのある方は除く)

3.助成額 平成29年4月1日以降に実施した、1回の検査・治療につき10万円まで助成します。

4.申請の手続き 検査・治療が終了した年度内に、居住地を所管する保健所に、原則として1回の検査・治療の終了毎に、終了日の翌日から60日以内に申請(持参または郵送)してください。

●詳細・問合せ 滝川保健所 電話 0125-24-6201

リンク先 北海道ホームページ

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/ninshin/funin.html

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター 保健予防係
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから