ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 保健・健診・検診 > 熱中症を予防しましょう

熱中症を予防しましょう

全国的に気温が高い状態が続いており、北海道内においても熱中症になられる方が出ていることからも、日ごろから体調を整え、水分補給や室温調整など、熱中症対策に心がけていただきたいと思います。

熱中症予防のために

暑さを避ける

【室内では】

扇風機やエアコンで温度を調整しましょう。打ち水をしたり、遮光カーテンやすだれを活用し、室温をこまめに確認しましょう。

【外出時には】

日傘や帽子を着用しましょう。日陰を利用し、こまめな休憩をとりましょう。天気のよい日は日中の外出をできるだけ控えましょう。

【からだの蓄熱を避けるために】

通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用しましょう。保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やしましょう。

こまめに水分を補給する

室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。大量に発汗する状況では、経口補水液など、塩分なども含んで補給しましょう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ:エアコンがきいている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させましょう

からだを冷やす:衣服をゆるめ、からだを冷やしましょう(特に、首の回り、わきの下、足のつけねなど)

水分補給:水分・塩分、経口補水液などを補給しましょう

自分で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

詳細は、下記をご参照ください。

厚生労働省 リーフレット「熱中症予防のために」このリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省 熱中症関連情報このリンクは別ウィンドウで開きますこのリンクは別ウィンドウで開きます

環境省 熱中症予防情報サイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

気象庁 熱中症から身を守るためにこのリンクは別ウィンドウで開きます

    異常天候早期警戒情報このリンクは別ウィンドウで開きます

消防庁 熱中症情報このリンクは別ウィンドウで開きます

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから