ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 感染症情報

感染症情報

風しんにご注意ください

現在、例年と比較し、関東地方を中心に風しんの届け出数が大幅に増加しています。(届け出の多くは30代から50代の男性)北海道でも少数ですが届け出が確認されており、今後拡大する可能性がありますのでご注意ください。

風しんとは

風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。成人では高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど重症化することがあります。また、妊娠中の女性が風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(難聴や心疾患、白内障などの症状が出る疾患)を発症する可能性があります。

感染経路:飛沫(唾液のしぶきなどヒトからヒトへ)

潜伏期間:2~3週間

主な症状:高熱、発疹、リンパ節の腫れ

予防法:風しんの流行と先天性風しん症候群の発生を防ぐために予防接種を受けましょう。また、外出時のマスクの着用や、外出後の手洗いやうがいを心がけましょう。

予防接種を受けることが望まれる方

1.妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族

2.10代後半から40代女性

特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い方は、予防接種を受けることを検討しましょう。ただし、妊娠していない時期に接種し、接種後2か月間は避妊が必要です。北海道では、風しんの免疫を保有ているかを確認する「風しん抗体検査事業」を実施しています。詳細はこちらをご参照ください。

3.30代から50代の男性

風しんにかかったことがない方、ワクチンの接種を受けていない方は予防接種を受けることを検討しましょう。

市内予防接種可能医療機関

  風しんワクチン 麻しん風しん混合ワクチン
いとう内科循環器科クリニック
小林産婦人科医院
慈恵会病院
細谷医院
明円医院 ×
村山内科医院

接種可能医院は、表のとおりです。

いずれも予約が必要です。各医療機関にお問い合わせください。 

 

国立感染症研究所(IDWR)(首都圏における風疹急増に関する緊急情報)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/rubella-m-111/rubella-top/2145-rubella-related/8278-rubella1808.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

風しんとは(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/このリンクは別ウィンドウで開きます

デング熱等の蚊媒介感染症に関する注意喚起について

 H28年7月、新潟県においてフィリピンから帰国した女性がデング出血熱を発症し、死亡する事例が発生しました。デング熱等蚊媒介感染症については、蚊に刺されないような予防措置をとるとともに、発症した場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要となります。詳細は下記をご確認ください。

厚生労働省「デング熱について」http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html

ジカウイルス感染症に関する注意喚起について

 現在、中南米・カリブ海地域やアジア太平洋地域を中心にジカウイルス感染症の発生が確認されています。7月には、米国フロリダ州マイアミ市の一部の地域で、蚊が媒介するジカウイルス感染症に係る事例が報告されています。また、米国CDCは妊婦等に対し当該地域に立ち入らないよう注意喚起を行っています。これらの状況を踏まえ、厚生労働省としては、マイアミ値の渡航者に対し、注意喚起を行っています。詳細は下記をご参照ください。

外務省「海外安全ホームページ」http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2016C208

ダニ媒介感染症について

 平成30年5月31日に道内5例目のダニ媒介脳炎患者の発生が確認されたことから、マダニが媒介する感染症について改めてお知らせします。

 ダニ媒介感染症は、マダニに噛まれることで感染し、ライム病や回帰熱などが、道内で毎年患者が確認されています。人から人へは感染して広がるものではなく、水や空気などを介して伝染することもありません。

 今の時季、山菜取りや登山・キャンプなどで自然とふれあう機会が増えることから、マダニに咬まれないよう、十分な予防対策に努めてください。

(1)マダニに噛まれないようにするには、マダニが多く生息する場所(草むらや藪など)に入る際に、長そで・長ズボンを着用するなど、肌の露出を少なくすることが大切です。

(2)マダニに咬まれたら、無理に引き抜こうとせず、医療機関で処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらいましょう。また、マダニに噛まれた後、数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱等の症状が認められた場合は医療機関施診察を受けてください。詳細は下記をご参照ください。

北海道保健福祉部地域保健課「ダニ媒介感染症について」http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/ticks.htm

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター 保健予防係
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから