ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 平成28年 > 10月 > ジョブスタート事業

10月13日 ジョブスタート事業

ジョブスタ

高校生が心の準備がないまま(言い方が悪いですが)ただ漫然と就職して転職を繰り返す・・・そんな時代となってしまいました。
この事業は、社会人と高校生が「働く」ことについて語り合い、社会人も高校生もそれぞれが「知らない自分」を知り、それぞれが「働く」ことに興味を持ち、関心を高める事業です。
本日は第2回目で、9月13日の第1回目はアイスブレイク(緊張をほぐす)ということで自己紹介等お互い知り合うのが目的でした。
第2回目は、いよいよ「働く」を知るワークショップです。
市内14事業所の若い職員22名と砂川高校生12名が参加し、社会人6名と高校生3名で一組となり、市の若い職員も入り9名4グループでデスカッションが始まりました。

総括をする講師として、北海道医療大学看護福祉学部準教授の長谷川聡氏、コーディネーターは、ジョブカフェ北海道の総括マネージャー戸田富重氏とキャリアアドバイザー今井陵人氏です。
なるべく皆さんの邪魔にならないよう写真を撮りながら話しを聞いていました。先輩から就活の思い出や仕事して楽しかった事、仕事のやり方、初任給の使い方等々の話があり、高校生はそれに対して質問をするという形式です。
ここでは書きませんが、何とか危機を乗り越えここまで頑張って来た先輩からは、今の若い人達の考え方やたいへんさがよくわかりました。
昔のように雑草のような強さはなくなりましたが、上司の問題や、転職を考えて就職した事、就職が一人決まらず凄いプレッシャーがかかった事など、悩む問題は時が経ってもある程度同じです。
雇用する側が考えなければならない問題も多くあり、これから就職する高校生にとっても社会人となった先輩達にとっても貴重な経験になったものと思います。

グループ分け

ある一定の条件でグループ分け(それぞれが条件にあう人を探します)

グループディスカッション

グループディスカッション

グループディスカッション

グループディスカッション

グループディスカッション

グループディスカッション

グループディスカッション

グループディスカッション

ジョブスタにご協力いただいた企業(奥山工業所、鹿島環境エンジニアリング、カワテックス、サンアグロ、三鉱建設、砂川福祉会、ソメスサドル、多比良歯科医院、北海道スイコー、北海道電力、北海道三井化学、ホリ、ほんだ菓子司、マテック)の皆さんありがとうございます。

「追記」一番勉強になったのは私かもしれません。頑張れ砂川高校の生徒諸君!
また、砂川高校就職担当の3名の先生ご苦労様でした。

最近の記事一覧はこちらをご覧ください。


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから