ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 平成29年 > 10月 > 第1回雇用創出協議会

10月15日 第1回雇用創出協議会

第1回雇用創出協議会

砂川市内においても人材不足は深刻で、全国に目を向けても、テレビでは人材不足により中小企業が廃業とのニュースも流れています。この若者の就労意識の低下や企業人材不足、人材の育成は一番の課題となっています。
砂川市では昨年からジョブスタート事業を実施し、内閣府の地方創生交付金を使い、各企業の若手職員と高校1年生の交流を通して高校生の働く意義を考える機会を提供しました。従業員の皆様からも、異業種交流や自らの仕事を振り返るいい機会になったと好評でした。
また、市内企業のPR冊子や、動画を作成し生き生き働く従業員の姿から企業の魅力発進を行いました。
企業PR冊子、動画のページはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

PR冊子

PR冊子「WA・WA・WA COMPANY SUNAGAWA」

若者からのメッセージ

この街で働き、この街で生きる

この協議会は、砂川商工会議所其田会頭、砂川建設協会三土会長、北洋銀行川原支店長、新砂川農協畠山参事、滝川公共職業安定所竹林砂川出張所長、砂川青年会議所斉藤副理事長、北海道障害者職業能力開発校臼杵課長、砂川高校小田島教頭、PTA連合会阿部会長にお集まりをいただき、企業間の情報交換や雇用創出に必要な事項について協議してもらう重要な会議です。とにかく結果を出さなければならないものです。

最近の市長動静はこちら

10月の市長動静

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから