ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 平成29年 > 11月 > 「安心・安全な地域づくりに関する協定書」締結式

11月14日 「安心・安全な地域づくりに関する協定書」締結式

「安心・安全な地域づくりに関する協定書」締結式

砂川市は本年度、公用車34台(特殊車両除く)にドライブレコーダを設置しました。また、市内には防犯カメラ16台を設置しています。
このことから砂川警察署(北崎署長)と砂川市は標記の協定書を本日締結しました。
内容は、近年、地域住民の安全・安心を脅かすような事件、事故が多発しています。このような事件・事故等の抑止や犯罪の捜査といった警察活動を行っていくためには、自治体をはじめ地域住民の皆様のご協力が不可欠であります。(中略)このことから、砂川市の公用車に設置されたドライブレコーダや防犯カメラの画像提供についての協定と、事件・事故等の抑止に関する情報提供の協力について協定を結ぶものです。
砂川警察署から北崎署長、磯角警務課長、長谷川生活安全課長、斎藤地域課長出席のもと行われました。

北崎署長

北海道警察本部のほくとくん(左)、砂川市安心・安全のイメージキャラクタみまもりんごも出席

最近の市長動静はこちら

11月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから