ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 平成29年 > 12月 > 全日本年金者組合砂川支部要望書提出

12月15日 全日本年金者組合砂川支部要望書提出

全日本年金者組合砂川支部要望書提出

今年も水田支部長、土田元市議会議員はじめ5名の方が要望に来られました。
1.除雪や排雪の回数の増
18日現在一斉排雪に入っています。
2.巡回バスの増便
3.医療・介護・福祉について
大病院のある所は医療費が高くなる傾向にありますが、砂川市の国民健康保険料は、特定健診(40歳以上)の率を上げることにより医療費の軽減を図り、現在北海道の市では中位程度の保険料となっています。北海道広域連合になってもそれ程大きく変わらない見込み。
4.受動喫煙防止について
国で法律による規制を検討中で、それに併せていきたい。
5.その他
砂川市の駅エレベーターの設置について
原案はできたのでJR北海道と細部について協議中。

排雪作業中

排雪作業の様子

最近の市長動静はこちら

12月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから