ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2018年 > 10月 > 第30回忠臣蔵旗少年剣道大会(赤穂市)出場挨拶

10月24日 第30回忠臣蔵旗少年剣道大会(赤穂市)出場挨拶

忠臣蔵旗剣道大会出場挨拶

今年は小学生のみの精鋭7人が砂川剣道連盟阿部副会長そしてお母さんと市長室に来ました。11月4日赤穂市で開催されます。
砂川錬心館チームは昨年3位と健闘しましたが今年はそれ以上に期待しています。
『出場メンバーから一言』
土田亮(空知太小6年)皆で協力して優勝目指す
北大祐(奈井江小6年)自分の得意技で勝つ
乙坂奈々(砂川小6年)団体戦らしい戦い方をする
前田絆里(滝川第一小6年)今回が初出場
小室壮大(空知太小6年)気力と気迫だけは負けない
乙坂玲菜(砂川小5年)去年よりよい成績を
小室大哉(空知太小3年)皆で協力して優勝を目指す

砂川錬心舘

皆さんの健闘を祈ってます

砂川錬心館出身の安藤翔選手(北海道警察)は、今年韓国で開催された第17回世界剣道選手権大会の個人戦で優勝し世界チャンピオンとなりました。皆さんも優秀な先輩の後を追いかけていただきたい。
毎年、市長室に来ますが、阿部副会長はじめ剣道連盟の皆さん、そして父母の皆さんが熱心に子どもたちを支えているから強くなるのだと思います。
私も赤穂市に応援に行きたい。

最近の市長動静はこちら

2018年10月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから