ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2018年 > 12月 > 来ました地方交付税の本

12月25日 来ました地方交付税の本

地方交付税を考える

現職の総務省官僚が書いた「地方交付税を考える」の本が来ました。
10年以上にわたりお世話になった黒田消防庁長官(これを書いていた時は自治財政局長)が、難解といわれる地方交付税の仕組みを分りやすく書いた本です。財政経験者の私から見れば、こんなに分りやすく事例も入れて書かれた本は今までなかった。
さらに第2章「よりよい財政運営を追及するために」のⅢ「10の基本姿勢」は地方公務員の基本姿勢として必要なもので、このまま研修の講話に使える。
砂川市職員(特に係長世代)は絶対に買うべき本だ。一皮も二皮もむけること間違いなし!単に財政といえば予算を落とすイメージがあるが、実際はお金をより有効的に使う考え方を学ぶのが財政です。
この本にはその極意が書かれている。購読したい人はいわた書店へ直行。

最近の市長動静はこちら

2018年12月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから