ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2018年 > 4月 > 砂川の特産品を考える会展示会

4月15日 砂川の特産品を考える会展示会

砂川の特産品を考える会展示会

交流センター「ゆう」で、「砂川の特産品を考える会」、「砂川ふれあい川柳会」新保信義代表による展示会が開催されました。
3年前から砂川の特産品を考えようとのことで、「すながわ」を反対から読むと「わがなす」となることから、なすびの自然栽培農法や有機栽培農法による家庭菜園づくりをして、原料の加工については市民の皆様のアイデアで商品開発をしようとするものです。
本日は「なすのかば焼き」の試食と「なすびを題材とした川柳」の展示会です。
「なすのかば焼き」については、食生活改善協議会の方が調理していました。ちょうど小黒議員も取材で来ており、二人で試食。絶品でした。味付けは秘伝のタレだそうです。なすは漬けても煮ても焼いても美味しいのですが、これはイケています。
我が家でも作りたいけど、秘伝のタレの作り方がわからない。

川柳作品

作品

新保信義代表

食生活改善協議会による調理

食生活改善協議会の方が調理

なすのかば焼き

なすのかば焼き

最近の市長動静はこちら

平成30年4月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから