ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2019年 > 12月 > ちょっと固いお話―2020年度地方財政計画折衝―

12月5日 ちょっと固いお話―2020年度地方財政計画折衝―

財務省と総務省

2020年度地方財政計画の総務省と財務省の折衝がはじまりました。19年度の国税が下方修正の見通しとなり、国税の減収は地方交付税の原資に影響が出るからです。
昨年の「骨太の方針」で19年度から21年度までの3年間は18年度地方財政計画の水準を下回らないと閣議決定されています。しかし、この決定の前提条件は、国税がある程度伸びることを想定していました。高市早苗総務相と麻生財務相の閣僚折衝の17日頃といわれています。
社会保障費がどんどん伸びていくなか、いつかの時点で三位一体改革ほどでなくても消費税の増税や地方交付税の抑制の時代が来るかもしれない。
そのための準備が地方にできているのか?
同じ痛みに遭わないためにも、地方は事業の選択が大事となってくる。首長の悩みは尽きない。
(写真は財務省(左)と総務省)

最近の市長動静はこちら

2019年12月の市長動静はこちら

お問い合わせ先

砂川市 総務部 市長公室課 秘書係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線302) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから