ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2019年 > 4月 > ほんだ菓子司からの贈り物

4月4日 ほんだ菓子司からの贈り物

ポンタベール

4月1日の北海道新聞にも載っていましたが、ほんだ菓子司の「ポンタベール」の「札幌黄たまねぎ」使用の野菜だし味が発売となり、市長室に届けてくれました。
空知産のトウモロコシを原料に札幌黄(サッポロキ)の玉ねぎをまぶしたコーンスナックです。6月までの限定販売で、全日空の機内でも販売しています。なお、2016年から店頭で塩、だし、甘エビの3種類を販売中です。

「豆知識」

札幌黄は”幻の玉ねぎ”といわれています。かつて玉ねぎの一大生産地だった札幌の特産品として最盛を誇りましたが、天候に左右されやすく、大きさが不揃いで栽培が難しいことから、年々生産量が減少し今では市場になかなか流通していません。しかし、肉質に厚みがありジューシーで、加熱後の甘みの強さにファンも多く、札幌黄を食材に選ぶレストランも増えています。
今、砂川市が取り組んでいる『SUNAGAWA団結セミナー』で、こんな感じで地元産としてブランド化されるものができたらいいなぁ―と思った。

最近の市長動静はこちら

2019年4月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから