ホーム > 産業情報 > 商工 > 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは

地域おこし協力隊は、田舎暮らしや地域活性化への貢献を希望する都市住民を人口減少や高齢化が進む地方社会の新たな担い手として受け入れ、その定住・定着を図ることで、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取り組みです。
平成21年度から総務省の事業として開始され、砂川市では平成31年1月現在4名の隊員を受け入れています。

地域おこし協力隊についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

活動について

現在砂川市では、2人の地域おこし協力隊がまちなか集客施設「SuBACo(スバコ)」で、2人の地域おこし協力隊が市役所とSuBACoで砂川を活性化するために、さまざまな活動を行っています。

詳しい活動は隊員によるフェイスブックをご覧ください。

隊員からのメッセージ

商店街振興事業/観光振興事業担当(SuBACo勤務)谷内 倫人さん(平成29年7月10日~)

taniuchisan

これまで地域活性の事業などをウェブやマーケティングの立場で関わった事もございますが、今回の地域おこし協力隊では、砂川の観光振興事業を担当させて頂くこととなります。これまでの社会経験を活かしてよい結果を出せるよう努力して参りたいと思います。まずはいろいろなところへ実際に足を運び、皆さんからお話をお伺いして、この街の魅力の再発見に繋げていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

商店街振興事業/観光振興事業担当(SuBACo勤務)籾木 勝巳さん(平成29年9月1日~)

momikisan

約2,200km離れた宮崎県宮崎市より参りました。愛する北海道の街の中から、スイーツなどを中心にほっと一息できる街づくりを推進している砂川市に興味を持ち、最北のサービスエリアと大きな総合病院もあることから、ここに住みたいと思いました。
前職で担当した街づくりや地域おこしなどの経験を生かし、観光PRを中心に活動しながら砂川市を第2のふるさとにしたいと思っています。皆さんよろしくお願いします。

商店街振興事業/観光振興事業担当(市役所・SuBACo勤務) 伊藤 活樹さん (平成30年4月1日~)

4月から砂川市の地域おこし協力隊として着任した伊藤です。札幌より参りました。私は高校生の時から地域活性化事業に興味があり、この度砂川市の募集に興味を惹かれ、協力隊に応募しました。砂川市にはたくさんのスイーツや特色あふれる公園など、多くの魅力があると感じています。私は人とコミュニケーションを取るのが好きなので、この街で様々な方とお会いすることがとても楽しみです。学生時代や前職の仕事ではイベント運営に携わる機会も多く、その経験も生かして砂川市を盛り上げる一員となりたいです。未熟な点もあるかとは思いますが、持ち前の活気溢れる姿で砂川市の活性化に貢献できるよう、何事にも全力で向かっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

商店街振興事業/観光振興事業担当(市役所・SuBACo勤務) 舩田 満さん(平成31年1月1日~)

1月より砂川市の地域おこし協力隊として着任した大阪出身の舩田です。持ち前の明るさと人懐っこさで活動していきますので、市内で見かけたらお気軽にお声掛けください。関西人の私から見れば、砂川市のスイーツはもちろん飲食店や公園など市内の皆様が日常で利用しているものが魅力的に映ります。その魅力を北海道内、道外含めPRしていくとともに地元の活性化を図り、その活動を通して砂川市に根付き、砂川市に定住していきたいと考えています。数年間は、道内の温泉旅館で働いていたこともあり、寒さ対策や雪かきは多少慣れましたが、まだまだ未熟ですのでご教授いただければありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
 

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 経済部 商工労働観光課 商工観光係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線347・348) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから