ホーム > 市政情報 > 防災・防火 > 砂川地区広域消防組合 > 消防署からのお願い > 小規模飲食店等への消火器設置義務化について

小規模飲食店等への消火器設置義務化について

2019年10月1日からすべての飲食店に消火器の設置が義務付けられます。

平成28年12月に新潟県糸魚川市で飲食店のコンロの消し忘れが原因による大規模な火災が発生し、147棟の建物が焼損しました。これに伴い小規模な飲食店にも消火器の設置が義務付けるよう消防法施行令の改正がされました。

消火器の設置が必要となる飲食店

現在、延べ面積150平方メートル以上の飲食店に消火器の設置が義務付けられていますが、延べ面積150平方メートル未満の小規模な飲食店にも消火器の設置が必要となります。

改正概要リーフレット

小規模飲食店等の消火器設置義務化リーフレット(一般社団法人日本消防設備センター 違反是正センター)

施行期日

平成31年10月1日から消火器の設置が義務となります。

消火器の設置が免除される場合

厨房などに設置された火を使用する設備または器具に(注)防火上有効な措置をしている場合は、消火器の設置が免除されます。

(注)防火上有効な措置とは

1 調理油過熱防止装置(SIセンサー)が設けてある場合

 鍋等の温度の過度な上昇を感知して自動的にガスの供給を停止して火を消す装置

2 自動消火装置が設けてある場合

 厨房設備における火災を自動的に感知し、消火薬剤を放出して火を消す装置

3 圧力感知安全装置が設けてある場合

 過熱等によるカセットボンベの圧力上昇を検知し、自動的にカセットボンベからカセットコンロ本体へのガス供給を停止し、火を消す装置

4 IHコンロのみを使用している場合

消火器の点検および消防署への報告について

設置が義務付けられた消火器は6か月ごとに点検し、その結果を1年に1回消防署へ報告が必要となります。

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川地区広域消防組合 砂川消防署
〒073-0152 北海道砂川市東2条北7丁目1-5
TEL 0125-54-2196 FAX 0125-52-2148
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから