ホーム > 市政情報 > お知らせ > 防災フォーラム「昭和56年水害の経験と知恵の伝承」を開催します!

防災フォーラム「昭和56年水害の経験と知恵の伝承」を開催します!

市制施行60周年記念事業
防災フォーラム「昭和56年水害の経験と知恵の伝承」

一昨年、市では大雨により河川氾濫のおそれがあるとして35年ぶりに避難勧告を発令しました。近年は異常気象による大雨の頻度も高まっており、過去の水害時の経験と知恵を後世に伝承するための防災フォーラムを開催します。ぜひご参加ください。

昭和56年水害

昭和56年8月3日から6日にかけて前線と台風12号の影響を受け降り出した雨は、砂川市で366.5mmの雨量に達しました。市では、4日午前9時に災害対策本部を設置し被害の防止にあたりましたが、河川の氾濫などによって12地区に避難命令を発令、5ヶ所に避難所を開設するなど被害は大きく、被害総額は158,367万円に上りました。

56年水害画像156年水害画像2

お問い合わせ先

砂川市 総務部 市長公室課 防災対策係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線369) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム

お知らせ

情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから