ホーム > 市政情報 > お知らせ > 砂川市「地域おこし協力隊」(移住定住促進)の募集について

砂川市「地域おこし協力隊」(移住定住促進)の募集について

 砂川市は、市民1人あたりの公園面積が日本一で「緑と水の豊かなまち」です。
 また「お菓子のまち」としても有名で、道内各地への交通アクセスにも優れた「快適環境都市」です。

 この度、新たな視点・発想により地域活性化を図るため、次のとおり砂川市「地域おこし協力隊」(移住定住促進)を募集します!

 地域住民や行政職員、関係団体などと一緒に、まちの魅力の発信や、移住希望者の相談・サポート等に取り組んでくれる、意欲と行動力のある方の応募をお待ちしています。

暮らし相談会

東京で実施した
砂川市暮らし相談会

移住定住促進協議会

地域の人達と開催する
移住定住促進協議会

交流会

お試し暮らしの方と
パークゴルフ交流会

お試しハウス

受入れや維持管理をする
お試しハウス

砂川市「地域おこし協力隊」(移住定住促進)募集要領

1 雇用関係の有無

2 活動概要

次に掲げる活動に従事していただきます。

  1. 砂川市の情報発信活動
  1. 移住希望者への相談、サポート
  1. 移住希望者に必要な情報の収集(職・住居等)
  1. お試しハウスの利用募集・受け入れ等の対応
  1. お試しハウスの維持管理
  1. そのほか、移住・定住の促進に必要な活動

3 募集対象

次のいずれも満たす方を対象とします。

  1. 2019年4月1日現在で20歳以上の方
  2. 以下のいずれかに該当する方
  1. 活動内容を積極的に企画、提案、実行できる方
  2. 心身ともに健康で、誠実に職務を行える方
  3. 市条例および規則等その他関係法令を順守し、職務命令に従うことができる方
  4. 活動終了後に起業・就業により砂川市に定住する意思のある方
  5. 普通自動車運転免許証を有し、運転が可能である方
  6. パソコンの操作、SNS等の運用ができる方(掲載する写真等の撮影、記事の作成、発信、コメントへの対応等)
  7. 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方
  8. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団その他反社会的団体又はそれらの構成員に該当しない方

4 募集人数

5 勤務地

6 勤務時間

7 雇用形態・期間

  1. 砂川市嘱託職員として砂川市長が委嘱します。
  2. 雇用期間は2019年7月1日から2020年3月31日になります(9か月)
  3. 2019年度終了時(2020年3月)の段階で、次年度の委嘱について判断します。
    (更新は1年単位。最長で36か月)

8 給与・賃金等

9 待遇・福利厚生

  1. 住宅は砂川市が用意し、家賃を支払います(引っ越し費用、生活用品、光熱水費等は個人負担になります)
  2. 活動に使用する車両、パソコン、消耗品等は砂川市が用意します
  3. 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険が適用されます
  4. 年次有給休暇が付与されます
  5. 起業するための各種補助金があります

10 申込受付期間

11 選考の流れ

  1. 第一次選考
  1. 第二次選考

応募用紙

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 総務部 政策調整課 企画調整係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線322・326) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム

募集情報

情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから