ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について

コロナ禍でも医療機関で必要な受診をしましょう。

1.過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
 新型コロナウイルスへの感染の懸念から、医療機関への受診を控える傾向が強まっています。
 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性もあります。


2.コロナ禍でも持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。
 定期的に飲んでいる薬を切らすと、持病が悪化してしまう恐れがあります。
 予防接種はタイミングを逃さず接種しましょう。
 健診は病気の早期発見・早期治療の大事な機会です。


3.医療機関では感染防止対策が行われています。
 医療機関では、院内感染防止のガイドライン等に基づき、感染対策に取り組んでいます。


4.具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずかかりつけ医に相談しましょう。
 自己判断で受診を控えることで病状が悪化し、新型コロナウイルスに対抗できない状態になることがあります。
 かかりつけ医に相談しながら、健康や持病を管理していくことは新型コロナウイルス対策にとても重要です。

 

詳細は、下記をご参照ください。

厚生労働省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

上手な医療のかかり方このリンクは別ウィンドウで開きます

北海道保健福祉部地域医療推進局医務薬務課ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター 保健予防係
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから