ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

 諸外国への入国時の防疫措置緩和等のため、新型コロナワクチンを接種したことを証明する、「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」を海外渡航を予定している方に発行をします。

証明書の申請について

対象

接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。
(1)予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を受けた方(砂川市の接種証明をお持ちの方)
(2)日本から海外へ渡航する予定があり、本証明書を必要とする方

※下記に該当する方は、対象になりません。
・海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)
・国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)
 

接種証明書が利用可能な国

 接種証明書が利用可能な国は、随時更新されておりますのでこちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

※韓国については、接種証明書は、隔離免除書発行に必要な書類のうちのひとつである「予防接種証明書」として認められます。

※接種証明書が利用可能な国・地域について、現時点でどのような入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置がとられているかについては、外務省ホームページで随時更新されますのでご確認ください。証明書の提示によって一部の防疫措置が緩和される場合であっても、その他の制限は引き続き適用される場合があります。

申請先

ふれあいセンター
※接種を受けた際に、ワクチン接種券を発行した市町村が申請先となります。1回目と2回目の接種の間で転出入があった場合、それぞれの市町村で接種証明書交付申請を行ってください。
例)1回目砂川市、2回目札幌市で接種した場合、砂川市と札幌市にそれぞれ接種証明書交付の申請が必要です。

※申請から発行まで1週間前後いただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
 

申請に必要なもの

(1)接種証明書交付申請書 様式PDFファイル(53KB)
   申請様式は、上記からダウンロードしていただくか、ふれあいセンター窓口でもお渡しできます。
(2)海外渡航時に有効な旅券(パスポート)または写し
(3)接種履歴が確認できる書類(以下のいずれか1つ)
 ア.接種済証(接種券全体)の写し(接種券番号、個人番号、氏名・生年月日が確認できる)
 イ.医療従事者等の方は接種記録書の写し
(4)本人確認書類の写し(住民票上の住所の記載されたもの)
   運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等

※旅券または写しの提示が困難な場合、接種証明書の発行はできません。
※接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後に旅券番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。
※旅券に旧姓・性別・別名の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる書類(例えば、旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写しなど)の提示が必要です。

申請方法

(1)窓口における申請
   申請に必要な書類を用意し、ふれあいセンター窓口へ申請ください。

(2)郵送による申請
   郵送での申請および返送を希望する場合は、申請に必要な書類と返送先住所を記載した返信用封筒に必要料金分の切手を添付して同封し、下記あて先まで送付ください。
   送付先 〒073-0166 砂川市西6条北6丁目1-1 砂川市ふれあいセンター

(3)代理人による申請
   申請に必要な書類と以下の書類を合わせて、申請ください。
   ア.委任状 様式PDFファイル(78KB)
   イ.代理人の本人確認書類
   ※委任状は委任した本人が作成し、3か月以内に作成した原本が必要です。ただし、委任状等の提示があった場合でも、適宜、電話により申請者本人への確認を求める場合もあります。
 

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター 保健予防係
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから