ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 風しんの追加的対策について

風しんの追加的対策について

成人男性の風しん抗体検査・予防接種

 今年の風しん患者数はすでに1200人を超え、依然として流行が続いています。国では、風しん患者の増加を背景に、風しんの追加的対策として、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に、風しんの抗体検査や予防接種が、今年から3年間無料で受けられるようになりました。風しんは、発熱や発疹などの症状が出るウイルス性の感染症で、妊娠中の女性が感染すると生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が起きる恐れがあります。風しんは予防接種をすることによって95%以上防ぐことができます。自分だけではなく周りの人を守るために風しんの予防にご協力ください。

令和元年度は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性に無料クーポン券を郵送します。

 ただし、対象年齢(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれ)の男性や砂川市に途中転入された方で検査を希望される場合は、随時無料クーポン券を発行しますので、ふれあいセンターまでご相談ください。

実施機関

 全国の医療機関で受けられるほか、抗体検査については特定健診や事業所検診にあわせて実施することも可能です。

各実施機関は厚生労働省ホームページでご確認ください。

厚生労働省ホームページ 風しんの追加的対策についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

市内の実施医療機関

 医療機関名 電話番号 抗体検査 予防接種
いとう内科循環器科クリニック 55-3355   〇   〇
小林産婦人科医院 52-4520   〇   〇
砂川慈恵会病院 54-2300   〇   〇
細谷医院 523057   〇   〇
明円医院 53-2100   〇    〇
村山内科医院 54-0888   〇   〇

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから