ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 「旧優生保護法に関する相談センター(北海道)」の設置について

「旧優生保護法に関する相談センター(北海道)」の設置について

 昭和23年に施行された旧優生保護法が平成8年に母体保護法に改正されるまでの間、全国1万6千人余り、全道で2千人を超える方々が同法に基づき本人の同意なしに優生手術が行われていました。

 北海道では、こうした手術が行われていたことを重く受けとめ、手術を受けたご本人やご家族などからの相談等に対応するため、平成30年3月12日に「旧優生保護法に関する相談センター」を設置しました。

  相談センターでは、旧優生保護法のもとで優生手術を受けた方々が、北海道に保存されていた関係文書の開示や旧制度に関しての問い合わせ、相談などに、個人情報に配慮し、迅速かつ一元的に対応します。

 相談は、電話や面談(要予約)、メールや郵送でも行えます。

【電話】0120-031-711(受付時間8時45分~17時30分)土日祝祭日を除く *通話料無料

    フリーダイヤルが混み合う場合は、子ども子育て支援課011-206-6343(通話料有料)

    におかけいただき、相談センターから折り返します。

【FAX】011-232-4240

【メール】hofuku.kodomo1@pref.hokkaido.lg.jp

【郵送】〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

    北海道保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課

  北海道のホームページにも【「旧優生保護法に関する相談センター」の内容について】このリンクは別ウィンドウで開きますが掲載されています。

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから