ホーム > 健康・福祉 > 保健・医療 > 妊娠・出産

妊娠・出産

妊娠・出産

母子健康手帳 … 妊娠、分娩の経過や子どもの成長、健康状態などを記録する手帳です。妊娠が確定したら早めに届出をして、交付を受けてください

妊婦健診検査費用の助成 … 検査費用の一部助成が受けられる受診票を交付します

 

 

PDFファイル(153KB)

 

砂川市立病院マザークラス無料クーポン券 ... 砂川市立病院で行われているマザークラス(前中期と後期)各1回ずつの参加費を助成します(母子手帳交付時、転入の方はセンターでの手続き時にクーポン券を発行します)

妊婦歯科健診検査費用の助成  ... 歯科健診を無料で1回受けられるよう助成します。(母子手帳交付時、転入の方はセンターでの手続き時に受診票を発行します)

詳しいご利用のながれは、妊婦歯科健診助成事業についてPDFファイル(345KB)をご覧ください。

妊婦訪問 … 保健師が初妊婦宅を訪問し、健康管理や出産の相談と指導を実施します

あかちゃん訪問 … お子さんを出産されたすべての家庭を保健師が訪問し、発育状態の確認や育児の相談、指導を行います

助産施設 … 経済的理由により、入院助産を受けることができない妊産婦が利用できます。課税状況により自己負担額が異なります(詳しくは子育て支援係にご確認ください)

働きながら安心して妊娠・出産を迎えるために…妊娠中の働く女性を支援するさまざまな法律や制度があります。
職場と母性に関する母性健康管理推進サイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

マタニティマークをご存知ですか?

妊娠中(特に初期)は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにも、とても大切な時期です。しかし、外見からは、妊婦さんであるかどうかわかりにくい場合があります。

マタニティマークは、妊産婦さんが外出する時に身につけ、周りの人が気づかいを示しやすくするためのものです。

「バスや電車で席に座れない」
「階段の上り下りがたいへん」
「たばこの煙が気になる」

など、妊産婦さんにはさまざまな苦労があります。もし、あなたの街や職場などでマークを付けている妊産婦さんを見かけたら、

バスや電車では席を譲る、乗降時に協力する
「お手伝いしましょうか?」と声をかける
近くでの喫煙は控える

など、思いやりある気づかいをお願いいたします。

マタニティマーク

陣痛タクシーをご利用ください

砂川市では、平成27年度より市内タクシー事業者の協力を得て、陣痛が始まった妊婦さんをスムーズに病院まで送り届ける「陣痛タクシー」を始め、平成30年4月より、陣痛タクシー登録をされた妊婦さんが市内自宅から砂川市立病院まで利用したときの利用料を全額助成します。

対象

砂川市在住の妊婦さん (砂川市へ里帰り中の妊婦さんも対象です)

特徴

完全登録制で、利用料・登録料は無料!

365日24時間対応!しかも優先的に配車!

お迎えの時にはバスタオル・防水シートを準備しているので安心して乗車できます。

研修を受けたドライバーが対応しますので、妊婦さん一人でも安心です。

(注)登録したら必ず利用しなければならないというものではなく、いざという時の安心のためのサービスです。


陣痛タクシーPDFファイル(191KB)
 

詳しいご利用のながれは、陣痛タクシーが無料で利用できますPDFファイル(191KB)をご覧ください

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター 保健予防係
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから