ホーム > 健康・福祉 > 高齢福祉 > 認知症ガイド > 認知症ってどんな病気?

認知症ってどんな病気?

認知症ってどんな病気?

認知症とは、いろいろな病気などが原因で脳の細胞が死んでしまったり、動きが悪くなったことにより、記憶・判断力の障害などが起こり、生活や対人関係に支障が出ている状態をいいます。
認知症高齢者は約430万人(平成22年厚生労働省研究班より)、予備群は380万人、65歳以上の高齢者の3~4人に1人は認知症または認知症予備群になります。認知症は誰にでも起こりうる身近な脳の病気なのです。
近年は進行を緩やかにする治療薬も増えており、専門外来などを受診し早期診断、早期治療をすることが非常に重要です。
年を取れば誰でも、思い出したいことがすぐに思い出せなくなったり、新しいことを覚えるのが難しくなりますが、「認知症」は、このような「加齢によるもの忘れ」とは違います。
たとえば、体験したこと自体を忘れてしまったり、もの忘れの自覚がなかったりする場合は、認知症の可能性があります。

認知症予備群である軽度認知症害(MCI)について

軽度認知障害(MCI)とは、アルツハイマー型認知症の前段階、認知能力のうち記憶力だけが低下する状況で、認知症と正常の中間にあり、4年以内に半数が認知症に移行するといわれています。
認知症予防を考えるとき、このMCIの段階で発見し、対応することがたいへん重要です。「認知症かもしれない、でもまさか・・・」という時期に相談することが大切です。
現在では、アルツハイマー病の治療薬も4種類開発されており、進行を遅らせることができるようになりました。

加齢によるもの忘れ・MCI・認知症によるもの忘れの違い(一例)
加齢によるもの忘れ
軽度認知障害(MCI)
認知症によるもの忘れ
体験したこと
一部を忘れる
(例)朝ごはんのメニュー を忘れる
所々の記憶がすっぽり抜ける
(例)朝ごはんの片付けを忘れる
すべてを忘れている
(例)朝ごはんを食べたこと自体忘れる
もの忘れの自覚 ある ある ない
探し物に対して 自分で見つけようと努力する 置き場所が分からなくなる 誰かが盗ったなどと、他人のせいにする
日常生活への支障
ない なし
(好きな趣味をやめる、外出をしなくなるなど生活に変化がある)
ある
症状の進行
あまり進行しない 徐々に進行する 進行する
(記憶障害の他に見当識、判断力(注1)などが低下する)

(注1)
見当識・・・時間や季節の感覚。迷子になったり遠くに歩いて行こうとしたりすることがあります。
      病気が進行すると、自分の年齢や家族の生死に関する記憶などがなくなります。
判断力・・・物事を判断する力。病気が進行すると、必要のない高額商品を購入したり、
      預貯金の出し入れがうまくできなくなります。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 介護福祉課 高齢者支援係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線228・238) FAX 0125-55-2301
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから