ホーム > 子育て・教育 > 児童福祉 > 多子世帯保育料負担軽減

多子世帯保育料負担軽減

多子世帯の保育料の負担軽減方法を変更します!

 これまで、保護者の負担を軽減するため、第4階層以上(市民税所得割課税額が57,701円以上の世帯)で、生計を一にする子や孫が2人以上いる場合は、砂川市独自の政策として第1子の年齢制限を撤廃し、第2子を半額、第3子以降を無料とし、納めていただいた保育料の差額分を補助していました。
 このたび、子育て世帯のさらなる負担感を取り除くため、対象となる世帯に対しては、いったん保育料を納めていただくのではなく、最初から保育料を軽減することとしました。

軽減対象世帯

所得要件

 市民税所得割課税額が57,700円(年収360万円相当)以上の世帯
 (市民税所得割課税額が57,700円未満の世帯については、国の制度にのっとり、すでに保育料は軽減されています。)

軽減する金額

 第2子・・・保育料の半額

 第3子以降・・・保育料の全額

 平成30年度利用者負担額表はこちらPDFファイル(113KB)

 なお、第2子以降の3歳未満児の児童につきましては、「多子世帯の保育料軽減支援事業」の対象となる場合もあります。

 多子世帯の保育料軽減支援事業についてはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 社会福祉課 子ども保育係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線219・271) FAX 0125-55-2301
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから