ホーム > 市政情報 > 企画・計画 > ふるさと納税 > ふるさと「砂川」を応援してください!!(ふるさと納税)

ふるさと「砂川」を応援してください!!(ふるさと納税)

2018北海道日本ハムファイターズ「北海道179市町村応援大使」オリジナルグッズプレゼント!

 まちづくり・まちおこしを目的に2013年にスタートした北海道日本ハムファイターズの「北海道179市町村応援大使」。毎年、道内18の市町村で、それぞれファイターズの選手が1年の任期で大使を務めています。
 2018年の今年、砂川市が対象市町村として選ばれ、2017年11月26日に開催された北海道日本ハムファイターズ「ファンフェスティバル2017」で、近藤健介選手、石井裕也選手の当市への大使就任が決定しました。
 砂川市は近藤選手、石井選手を応援し、両選手には2018年1月から12月までの1年間、市のPRや地域の活性化等、様々な企画を通して砂川市を盛り上げていただきます。
 その事業の一環として、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイスこのリンクは別ウィンドウで開きます」を通して、砂川市へご寄附いただいた先着2,000名の方に、【近藤健介選手・石井裕也選手のオリジナルポストカード&応援大使名刺】をプレゼントいたします!(寄附金受領証明書の送付時に同封いたします。)


【砂川市応援大使ポストカード】


    
【砂川市応援大使名刺】

みなさまのご寄附をお待ちしております!

北海道日本ハムファイターズ砂川市応援大使グッズが返礼品になりました!

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイスこのリンクは別ウィンドウで開きます」で10,000円以上のご寄附いただいた方を対象として、砂川市応援大使グッズを限定100セットでご用意しました。

限定100本がなんと初日で完売となった幻の応援大使タオルをはじめ、一般販売を行っていないうちわ&クリアファイル、ふるさとチョイス先着2000名限定となっていたオリジナルポストカード&応援大使名刺がセットになっております。

どのグッズもこの機会を逃すと手に入れづらい貴重なグッズとなっておりますので、ぜひご検討いただきますようよろしくお願いします!

応援大使グッズチラシ

ふるさと納税とは?

ふるさと納税制度は、生まれ育ったまちに貢献したい、または、このまちを応援してみたいという納税者の皆様の思いを、寄附金という形で表していただくことで、個人住民税などが軽減される制度です。

砂川市自慢の特産品をプレゼント

ご寄附をいただいた方には感謝の気持ちを込めまして、砂川市の特産品を贈呈いたします。(市外在住の方)
ご寄附をいただいた翌月末までに、下記の品よりお選びいただいた特産品を送付いたします。
また、年度(4月~3月)内の寄附に対して、何度でも特産品を受け取ることができます。

返礼品ってどんなものがあるの?

「第1回ゆめぴりかコンテスト」で最高金賞を受賞したJA新すながわ産のゆめぴりかやななつぼしなどの米や、「すながわスイートロード」各店のお菓子、脂身と赤身のバランスが抜群の砂川産上原ポーク、国内唯一の馬具メーカーソメスサドルの革製品など幅広い品物をご用意しています。

特別栽培米 ゆめぴりか

ホリ 夕張メロンピュアゼリー

北菓楼 北海道開拓おかき

上原ポーク

ソメスサドル
革製品(ベルト・財布)

ソメスサドル
革製品(バッグ)

申し込み方法

インターネットで申し込みの場合

下記のふるさと納税サイトよりお申し込みいただけます。

メール、郵送、FAXで申し込みの場合

下記の申込書をダウンロードし、メール、郵送、またはFAXでお申し込みください。寄附金の支払い方法は、納付書払い(郵便局払い込み)か現金書留のどちらかをお選びいただけます。

返礼品カタログ

申込書

申込書エクセルファイル(30KB) PDFファイル(188KB)

申し込み先

〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1番1号 砂川市総務部総務課庶務係
電話番号 0125-54-2121(内線306、307)
FAX番号 0125-54-2568
メール  shomu@city.sunagawa.lg.jp

 

申し込み手順

申し込み手順の詳細については下記のページをご覧ください。

寄附金控除制度について

自治体に対してふるさと納税(寄附)をすると、ふるさと納税(寄附)額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税において控除が受けられます!詳細については下記のページをご覧ください。

寄附金の使い道が選べます!

皆様からの寄附金は、まちづくりの目標である『安心して心豊かに いきいき輝くまち』の計画実現に向けて、有効に活用させていただきます。ご寄附いただく際には、次の4つのメニューの中から希望するものをお選びください。

1. まちづくりへの活用(下記の2~4以外は、こちらをお選びください)

市内道路の植樹ますに花を植栽している写真

砂川市は、公園の中に都市があるような美しいまちづくりを進めています。多くの憩いとふれあいの場の活用と緑化の推進・保全を図るとともに、中心市街地(商店街)の魅力を高めるため、地域資源を生かした集客や交流、活気と賑わいを創出する取り組みなど、広くまちづくり全般に活用させていただきます。

2. 子育て支援・高齢者福祉への活用

赤ちゃんと母親の写真

核家族化や女性の社会進出などに伴う、様々な保育ニーズに対応した保育サービスおよび子育てに関する相談・情報提供の充実を図り、次代を担う子どもたちが健やかに育つ環境づくりに活用させていただきます。また、高齢者への生活支援サービスの充実を図り、地域活動への参加を促進する環境づくりに活用させていただきます。

3. 教育環境の整備への活用

公民館での講演会の写真

児童生徒が安全に安心して学校生活を送り学業に励めるよう、施設整備や教材備品の充実を図り、快適な教育環境づくりに活用させていただきます。また、ライフステージごとの学習機会を充実させるとともに、市民が、いつでも、どこでも自由に学ぶことのできる生涯学習の環境づくりに活用させていただきます。

4. 市立病院整備への活用

市立病院

地域センター病院、災害拠点病院、地域周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院などの指定を受け、地域医療の中心的役割を担う砂川市立病院の医療設備の充実を図り、誰もが安心して医療を受けることができる環境づくりに活用させていただきます。

これまでの主な寄附金活用実績

 みなさまからいただいた寄附金は、毎年さまざまな事業に活用させていただいております。主な活用実績については、下記をご覧ください。


よくあるご質問について

よくあるご質問については、下記のページをご覧ください。

ふるさと砂川

砂川市は『安心して心豊かに いきいき輝くまち』を目指し、徒歩での生活圏を重視した、「地域で高齢者を見守る・支えるしくみ」づくりなどによる福祉のまちとして、さらに、子育て支援センターをはじめとする子育て世代への支援の充実を図り、また、地域の基幹病院である砂川市立病院を中心とした医療のまちとして住みやすい、住んで良かったと思っていただけるまちづくりを進めています。
人口2万人を切った小さなまちではありますが、老いも若きも、みんなが明るく、安心して元気に暮らしていただけるように、住みよいまちづくりに向けて一生懸命に取り組んでいます。
このように「安心できる みなさんのまち」として頑張る砂川を、ふるさと納税制度を通じて、ぜひ応援してください。多くの皆様のご支援を、どうぞよろしくお願いします

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 総務部 総務課 庶務係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線306・307) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから