ホーム > 市政情報 > 企画・計画 > 都市計画 > 開発行為の許可

開発行為の許可

都市計画法に基づく開発行為の許可

都市計画法における開発行為とは、建築物の建築、特定工作物の建設を目的で行う土地の区画形質の変更(主に宅地造成など。販売目的、自己利用とも許可が必要になります)を指し、同法第29条の規定により、一定規模(注)以上の開発行為をしようとする者は、北海道知事の許可を受けなければなりません。

(注)一定規模とは、都市計画区域内3,000平方メートル、都市計画区域外10,000平方メートル

受付窓口は、砂川市(土木課 都市計画係)になります。 許可をするのは、北海道知事になりますが、申請書は、砂川市が受理し、北海道(空知総合振興局 地域政策課)に進達します。

その他の法令に基づく開発行為の許可

開発行為の許可制度は、都市計画法の他の法令に基づくものが多数あります。詳しくはご相談ください。

お問い合わせ先

砂川市 建設部 土木課 都市計画係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線267) FAX 0125-52-2205
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから