ホーム > 市政情報 > > 軽自動車税について

軽自動車税について

軽自動車税は、毎年4月1日現在でお持ちの原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の小型自動車(これらを軽自動車等といいます。)に対してかかる税です。

1.納税義務者

毎年4月1日(賦課期日)現在、市内に主たる定置場所のある軽自動車等を所有している人が納税義務者となります。

ただし、割賦(所有権留保付)販売の場合は、買主が所有者とみなされます。

2.税額

平成28年度の税額は こちらPDFファイル(82KB)をご覧ください。 

3.申告

軽自動車等の取得や廃車、譲渡、住所変更などがあった方は次の場所で申告をしてください。

申告先
車種区分 申告、届出先など
原動機付自転車 市役所税務課資産税係(10番窓口) TEL 0125-54-2121(内線232・233・234)
小型特殊自動車
軽自動車 軽自動車二輪
(総排気量125ccを超え250cc以下のバイク)
札幌地区軽自動車協会
001-0925
札幌市北区新川5条20丁目1-20
TEL 011-768-3955
web なし(全国軽自動車協会連合会)
二輪の小型自動車
(総排気量250ccを超えるバイク)
国土交通省北海道運輸局 札幌運輸支局
001-0925
札幌市東区北28条東1丁目1-1
TEL 050-5540-2001(テレホンサービス)
web http://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/sapporo/

4 納税の方法など

市役所から送付された納税通知書により4月30日までに納めていただくことになっています(※ただし、4月30日が閉庁日の場合は翌開庁日までとなります)。

なお、自動車税と異なり、軽自動車税には月割課税制度がありません。したがって、4月1日現在の所有者だけが課税されることになり、4月2日以降に軽自動車等を所有した場合には、現年度分の税金はかかりませんが、同日以降に廃車などをしても現年度分の税金は全額納めていただくことになります。

5 軽自動車税の減免

身体や精神に障がいのある方が使用する軽自動車等で、一定の要件に該当する場合、申請によって減免を受けることができます。

1 減免の対象となる軽自動車等

  1. 身体障がい者等または生計を一にする方が所有し、当該障がい者本人が運転するもの。
  2. 身体障がい者等または生計を一にする方が所有し、生計を一にする方が運転するもので、当該障がい者の通学・通院・通所・生業のためにもっぱら使用するもの。
  3. 身体障がい者等のみで構成されている世帯の方が所有し、その世帯の障がい者を常時介護なさる方が運転するもので、当該障がい者の通学・通院・通所・生業のためにもっぱら使用するもの(事業用は不可)。

(注1) 「所有」とは、納税義務が生じる日(毎年4月1日)に所有していることです。

(注2) 減免の対象となる軽自動車等は障がい者お一人につき1台です。

(注3) 自動車税の減免を受けている身体障がい者等は対象となりません。

2 減免の申請受付期限と受付場所

詳しくは、資産税係までお問い合わせください。
 

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 総務部 税務課 資産税係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線232・233・234) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから