ホーム > 市政情報 > > 償却資産について

償却資産について

償却資産とは、毎年1月1日現在で個人や法人で事業を経営している人(工場や商店の経営、アパートや駐車場などの賃貸も含みます)が、その事業のために所有している土地および家屋以外の構築物・機械・器具および備品などをいい、土地・家屋と同じように固定資産税が課税されます。

償却資産の具体例

1 償却資産の主な種類

  1. 構造物・・・・・・・・・・・・・・・・アスファルト舗装、広告塔、発電設備、排水設備など
  2. 機械および装置・・・・・・・・食品製造加工設備、印刷設備、土木建設機械、その他各種製造設備等の機械および装置など
  3. 船舶・・・・・・・・・・・・・・・・・・ボート、漁船など
  4. 航空機・・・・・・・・・・・・・・・・ヘリコプター、グライダーなど
  5. 車両および運搬機・・・・・・・フォークリフト、構内運搬車など
  6. 工具・器具および備品・・・・事務机、看板、パソコン、エアコン、冷蔵庫など

2 申告の対象となるもの

  1. 税務会計上、減価償却の対象となるべき資産
  2. 償却済みとなった資産(残存価格に達した資産)であっても、現に事業の用に供している資産
  3. 経営政策等のため、減価償却を行っていない資産
  4. 建設仮勘定で経理している資産の内、本年1月1日現在、事業の用に供している資産
  5. 一時的に休止しているが、いつでも使用できる状態にある遊休資産および未稼働資産
  6. 簿外資産(贈与等で取得した資産で、帳簿には記載されていないが、本来は償却資産としての性格をもっているもの)
  7. 道路運送車両法上の大型特殊自動車(長さ4.7メートル幅1.7メートル高さ2.8メートル、最高時速15キロメートルの各基準を超えるもの)で、建設等に使用されるショベルカー、フォークリフト、除雪車、クレーン等(ナンバープレートでは、0・9・00~09・90~99・000~099・900~999が該当
  8. 他の事業者に事業用の資産として貸し付けているもの

3 申告の対象とならないもの

  1. 自動車税・軽自動車税の対象となる自動車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車、原動機付自転車
  2. 生物(ただし、鑑賞等に使用するときは申告の対象です。)
  3. 無形減価償却資産(営業権・意匠権・著作権)、電話加入権
  4. 繰延資産(開業費等)
  5. 書画・骨とう(ただし、複製・イミテーションのようなもので、装飾的な目的に使用されるものは申告の対象です。)
  6. 少額償却資産

  7. たな卸資産(貯蔵品・商品等)

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 市民部 税務課 資産税係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線232・233・234) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから