ホーム > 市政情報 > > 都市計画税について

都市計画税について

都市計画税は、都市計画事業や土地区画整理事業に要する費用(下水道、公園、生活道路等)の一部を負担していただくために設けられた目的税で、都市計画区域内の土地・家屋に対してかかる税金です。

1 納税義務者

都市計画区域内に所在する土地・家屋の所有者です。
なお、固定資産税において免税点未満の人は、都市計画税も課税されません。

2 課税標準と特例・減免措置

固定資産税と同じく、土地・家屋の価格が課税標準になります。

土地については、固定資産税と同様に住宅用地の特例措置負担水準に対応した負担調整措置があります。

家屋については、固定資産税と異なり新築住宅などに対する軽減措置は、都市計画税については適用されません。

3 住宅用地に対する課税標準の特例

次のとおり算出された額が課税標準となります。

4 税額の算出方法

5 納税の方法

固定資産税とあわせて納めていただくことになっています。

お問い合わせ先

砂川市 総務部 税務課 資産税係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線232・233・234) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから