ホーム > 健康・福祉 > 高齢福祉 > 地域で高齢者を見守る・支えるしくみ > 「地域で高齢者を見守る・支えるしくみ」について

「地域で高齢者を見守る・支えるしくみ」について

「地域で高齢者を見守る・支えるしくみ」づくりをめざして

砂川市の高齢化率は36パーセントを超え、国や北海道の平均値より速いスピードで高齢化が進んでいます。今後、一人暮らし高齢者や認知症など支援が必要な高齢者の数も増加すると見込まれるとともに、高齢者の社会的な孤立化が問題となっています。
そうした中で、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには、身近な地域の人々との交流や町内会等による日常的な見守りが求められていますが、町内会等の地域のみに頼った取り組みには限界があり、行政と地域が協働して支え合うことが今求められています。
砂川市では、このような現状を踏まえ、市と関係機関などが連携しながら、地域全体で効果的・効率的な見守りが展開できるようなしくみをつくりたいと考えています。

「地域で高齢者を見守る・支えるしくみ」の概要

これまでも、町内会等には福祉部等による高齢者の見守りをしていただいていましたが、市や民生委員等と、支援が必要な高齢者の情報を交換することは個人情報保護の壁があり、連携しづらい状況となっていました。
そこで、市では、65歳以上の高齢者に係る4情報(住所、氏名、年齢、性別)を社会福祉協議会や町内会等に提供することで、町内会・民生委員・社会福祉協議会・ささえあいセンター(地域包括支援センター)・市等と情報の共有化や、連携した取り組みができるように検討してきました。
これにより、見守りを行う方の負担を減らし、もっと効果的・効率的な見守りが展開できると考えています。
さらに、見守りの一環として、市と事業者が協定を締結し、高齢者の異変に気がついた場合に、市や地域包括支援センターなどに連絡するしくみとして「高齢者支え合いネットワーク事業」を実施します。
また、元気な高齢者が住み慣れた地域でいきいきと自立した生活が送れるよう各種事業を充実させていきます。

「地域で高齢者を見守る・支えるしくみ」PDFファイル(1323KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

どういった情報が、どのように提供されるの?

平成25年4月1日より施行された「砂川市高齢者いきいき支え合い条例」に基づき、65歳以上の高齢者に係る住所・氏名・年齢・性別と、本人が「もしもの時のために自分自身の情報を提供してもよい」と同意していただいた情報(本人同意事項)を、市から社会福祉協議会に提供し、社会福祉協議会を通じて町内会等に提供されます。

(注)本人同意事項とは…電話番号、緊急連絡先、福祉又は介護サービスの利用状況など

「砂川市高齢者いきいき支え合い条例」PDFファイル(137KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者支え合いネットワーク事業について

「高齢者支え合いネットワーク事業」とは、見守る高齢者を特定せずに、事業者が日常業務の中で、「ちょっとおかしいな」「ちょっと気になるな」など、高齢者の異変に気がついた場合、市やささえあいセンターに連絡していただくことで、早期に問題を発見し、効果的な支援へとつなげるものです。この事業に協力していただける事業者には、店舗や車両等に掲示するステッカーを配付します。
また、事業にご協力いただける事業者を随時募集していますので、下記の申出書により保健福祉部介護福祉課までお申し出ください。
また、ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

高齢者支え合いネットワーク事業実施要綱PDFファイル(130KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
高齢者支え合いネットワーク事業チラシPDFファイル(603KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
高齢者支え合いネットワーク事業登録申出書PDFファイル(73KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
高齢者支え合いネットワーク関係機関一覧PDFファイル(183KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

ささえあいねっとのステッカー

株式会社 セブン-イレブン・ジャパンと協定を締結しました

平成29年10月13日、株式会社 セブン-イレブン・ジャパンと協定を締結しました。

今回の締結により、協定を結んだ事業所は140事業所となりました。

地域サロン活動支援事業について

高齢者の仲間づくり、生きがいづくり、介護予防など高齢者がいきいきと自立して暮らしていくために、地域において自主的に運営されている団体が取り組む活動(サロン活動)を支援しています。お気軽にお問合せください。

支援内容

【会場費助成】
 サロン活動に対して月4回までを上限に会場費を助成します

【派遣講師】
 サロン活動に対して年1回外部講師を派遣します(講師の謝礼・交通費など市が負担します)
 「介護予防運動」「健康・美容」「高齢者の見守り」「消費者被害」などのテーマで、団体の希望を尊重します

申請様式

提出の際は片面印刷にて提出してください

砂川市地域サロン活動支援事業実施要綱PDFファイル(134KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
砂川市地域サロン活動支援事業実施申請書ワードファイル(38KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
砂川市地域サロン活動支援事業実施報告書ワードファイル(97KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
砂川市地域サロン活動支援事業請求書ワードファイル(90KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
砂川市地域サロン活動支援事業「会場費助成」に係る留意点PDFファイル(155KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

いきいきシニアプログラムについて

身体機能の低下や外出機会の減少など、日常生活に不安を感じている高齢者を対象に、生活機能の維持・向上を図るため、介護予防教室を実施しています。1年を通してどの月からでもはじめられる、通年型介護予防教室「いきいきシニアプログラム」を開催していますので、ぜひご参加ください。

「いきいきシニアプログラム」案内ちらしPDFファイル(347KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

(注)都合により日程変更となる場合があります。

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 介護福祉課 高齢者支援係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線228・238) FAX 0125-55-2301
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから