ホーム > 産業情報 > 農業 > 中山間地域等直接支払制度

中山間地域等直接支払制度

中山間地域等は、傾斜地が多いなど農業生産条件が不利な地域であることから、特に耕作放棄地の増加による多面的機能の低下が懸念されています。
このため、本制度では中山間地域等において農業生産の維持を通じ、多面的機能を確保する観点から、急傾斜地については平成12年度から対策として実施され、緩傾斜地については平成24年度から新対策により取組んでいます。

平成29年度 実施概要

1 砂川市の対象地域及び対象農用地

(1)対象地域
過疎地域自立促進特別措置法第2条第1項に基づき公示された全域。

(2)対象農用地
急傾斜農用地 : 農用地区域内の1ヘクタール以上の連担した農用地で、田は20分の1以上、畑・草地及び採草放牧地で15度以上の急傾斜地。
緩傾斜農用地 : 農用地区域内の1ヘクタール以上の連担した農用地で、田は100分の1以上、20分の1未満、畑・草地及び採草放牧地で8度以上15度未満の緩傾斜地。

2 対象者

集落協定に基づき、5年間以上継続して農業生産活動等を行う農業者。

3 集落協定の概要

耕作放棄地の解消と発生を防止し、集落の持つ多面的機能の確保を図るため、関係者が一 致協力して今後5年間に取り組むべき事項(対象農用地の管理方法、管理体制、農業生産活動として取り組む事項、生産性・収益の向上、担い手の定着等に関する目標、直接支払の使用方法等)について定めています。

4 集落名(協定締結数)及び対象農用地の面積 及び交付額

集落別対象面積及び交付額
集落名 区分 対象面積(平方メートル) 交付額(円)
砂川集落(急傾斜) 130,730 2,745,330
富平地区集落 213,149 1,364,153
空知太西地区集落 204,248 1,307,187
北光中央地区集落 田・畑・草地 716,721 5,509,986
焼山地区集落 160,423 1,026,707
吉野・宮城の沢・鶉地区集落 310,809 1,989,177
豊沼地区集落 1,322,467 8,463,788
一の沢地区集落 田・畑・草地 282,717 1,001,977
合計 3,318,973 23,408,305

5 農業生産活動等の実施状況

(1) 農業生産活動等
農地法面崩壊の未然防止(見回り点検、小補修作業)
水路、農道の清掃(泥上げ、草刈)
景観作物の作付

(2) 農業生産活動等の体制整備
機械・農作業の共同化
認定農業者の育成
担い手への農作業委託
集落ぐるみの農業生産活動等の維持

お問い合わせ先

砂川市 経済部 農政課 農政係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線352・353) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから