ホーム > 生活・くらし > 文化 > 砂川市指定無形民俗文化財「街頭もちつき」

砂川市指定無形民俗文化財「街頭もちつき」

砂川市指定文化財第1号
種別:無形民俗文化財
『街頭もちつき』
平成20年9月25日指定

砂川市指定文化財とは

国や道が指定していない文化財のうち、市にとって特に文化的価値が高いと
認められるものを『指定文化財』として指定します。
このうち、衣食住、生業、年中行事に関する風俗習慣、民俗芸能、民俗技術で
市民の生活の推移の理解の為欠くことのできないものを無形民俗文化財として
指定しています。

砂川指定無形民俗文化財 街頭もちつき

~由来~
明治32年12月、四国の阿波地方(現 徳島県)から砂川に来た
木場職人が、年末に故郷を偲んで無償で巡回もちつきを始めたことに由来し、
今では年末の風物詩として市民から親しまれています。
平成20年9月25日「砂川指定無形民俗文化財」の第1号に指定され、
「砂川もちつき保存会」が保持団体として、永く伝えていこうと活動しています。

~経緯~
平成20年6月「文化財保護条例」が制定され、市内にある文化財を保存、
活用することで、文化の向上を図ることを目的としています。この条例に基づき、
7名の委員からなる文化財保護審議会委員により、審議の結果、市の貴重な
財産として保存活用し、将来に継承すべきとの結果を受け、指定となりました。

[安全祈願祭」及び「街頭もちつき」の開催のお知らせ

日時  平成29年12月16日(土) 午前9時

場所  ○祈願祭 午前9時 砂川氏地域交流センターゆう

    ○街頭もちつき

     ①砂川市地域交流センターゆう   午前9時30分

     ②福寿園             午前10時00分

     ③砂川市福祉複合施設       午前10時45分

     ④新砂川農業協同組合       午前11時30分

義士祭 砂川街頭もちつき

日時  平成29年12月14日(木) 午前11時~

場所  北泉岳寺境内

活動状況について

平成28年12月17日(土曜日)
安全祈願祭の様子(地域交流センターゆう)

保存会による餅つき!!

出来立てのお餅を!!

福寿園の皆さんと一緒に!!

祈願祭の様子

平成27年12月19日(土曜日)
祈願祭の様子(地域交流センターゆう)

餅をつく善岡市長と飯沢議長、保存会会員

無火災、無災害、交通安全を祈願し、砂川もちつき保存会による「街頭もちつき」が行われました。

威勢よく餅をついてる様子

保存会による餅つきは、威勢よく!

餅を手際よく丸める保存会の方々の様子

出来上がった餅を手際よく丸める保存会の方々。

お問い合わせ先

砂川市教育委員会 社会教育課 文化学習係
〒073-0168 北海道砂川市西8条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線383・384) FAX 0125-52-4815
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから