ホーム > 生活・くらし > 住宅 > 砂川市住み替え支援協議会

砂川市住み替え支援協議会

砂川市住み替え支援協議会

登録物件情報(空き家情報)

協議会では空き家の利活用を図るため、登録物件情報を掲載しております。  

登録物件情報<住み替え支援協議会>(ページに進みます)

市の空き地・空き家情報(ページに進みます)

 

住宅に関する補助金制度

ハートフル住まいる(ページに進みます)

 

砂川市住生活基本計画

砂川市住生活基本計画(ページに進みます)

 

移住を考えている方、砂川市での暮らしに興味のある方

移住を考えている方、砂川市での暮らしに興味のある方へ。短期間砂川での暮らしを体験できるお試し住宅もあります。

移住情報(ページに進みます)

 

会員を募集しております。

砂川市住み替え支援協議会は、住み替え支援を推進することで、高齢者や子育て世帯の居住の安定に寄与したいと考えており、住み替えに関係のある不動産業、建設業などの業種の方、福祉サービスの事業所の方、町内会役員の方など、法人、団体に限らず会員を募集しております。

会員の申し込み

会員の申し込みについては、会員申込書に必要事項を記入し、住替え支援協議会事務局(砂川市建設部建築住宅課内)に提出してください。 会員申込書PDFファイル(63KB)

会員の条件は、以下のとおりです。

不動産業、建設業、運送業又は清掃業
社会福祉事業、または介護福祉事業
町内会、または自治会活動、若しくは社会福祉活動等を行う者
上記に該当しない場合でも、協議会で課題を検討するうえで必要と認める法人等、個人については、申込みいただけます。

協議会の退会

協議会を何らかの理由で退会される方は、脱会届に必要事項を記入し、住替え支援協議会事務局に提出してください。脱会届PDFファイル(44KB)

 

住宅セミナーを開催しました。

10月27日(木)砂川市地域交流センターゆうにおいて、「見直される中古住宅の活用、知ってますか?」をテーマにセミナーを開催しました。当日は市内外から多くの方の参加をいただき、盛況の内に終了いたしました。

     

     

 

住み替え支援協議会とは           

核家族化が進むなか、持ち家に住む高齢者世帯では、宅内の掃除をはじめ庭などの管理、冬期間の除雪が思うようにできないなどの問題を抱えており、高齢者住宅などにお住まいになる方々も増えてきましたが、その後においても住まなくなった住宅の維持管理で悩んでいる方々も増えているのが現状です。

また、子育て世帯やこれから子育て世帯となるような若年層は、ある程度の住宅規模が必要になりますが、金融緩和で住宅ローンが利用しやすい状況でも、個人所得は思うように伸びず、景気の先行きが不透明な経済状況では、高額な住宅の取得を後回しにせざるを得ない状況にあります。

このようなことから、高齢者世帯や子育て世帯が居住する住宅の規模や世帯の規模及び構成などから生じるミスマッチの解消に向けた住み替えがしやすい環境づくりを目指して、平成28年6月に不動産関連事業者や町内会連合会、高齢者福祉事業者などを会員とする「砂川市住み替え支援協議会」が発足しました。

この協議会では、今後、利活用が可能な住宅情報の収集や提供、住み替えや空き家の維持管理をサポートする仕組みづくりを進めていきます。

会長

岡本昌昭(砂川市町内会連合会副会長)

副会長

高橋 聡(砂川市地域包括支援センター管理者)

事務局

砂川市西6条北3丁目1番1号(砂川市建設部建築住宅課内)

TEL 0125-54-2121(内線253)

FAX  0125-54-2568

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 建設部 建築住宅課
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線253) FAX 0125-52-2205
お問い合わせはフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから