ホーム > 生活・くらし > 国民年金 > 国民年金の制度について

国民年金の制度について

国民年金制度とは

国民年金は、老後や思わぬケガ、病気で障がい者になったときなどに、年金を受給することで生活の安定を図ろうとする相互扶助制度です。
年金に関する手続きや相談は、日本年金機構(砂川年金事務所 TEL 0125-52-2144 西4条北5丁目)で行うこととなりますが、免除申請など一部の事務手続きは市役所でも受け付けています。

国民年金の加入手続き

第1号被保険者

第2号被保険者

 第3号被保険者

加入手続きが必要な方は、第1号と第3号の被保険者に該当する方です。サラリーマンの配偶者になった方で、自分が厚生年金や共済組合などに加入していない場合、配偶者の扶養に入る(第3号被保険者)手続きを配偶者の会社で行わなければなりません。また、配偶者の扶養から外れた方は、国民年金の手続きを市役所で行ってください。

国民年金保険料

平成29年度の国民年金保険料は月額16,490円です。
保険料は、納付書、口座振替、クレジットカードで納めることができます。支払方法も、毎月払い、1年前納(4月から翌年3月分まで)、半年前納(4月から9月分、10月から翌年3月分)があり、前納した場合にはその期間に応じて保険料が割引されます。
また、第1号被保険者で、所得が少なく保険料が納められない方には、免除制度・若年者納付猶予制度、所得がない学生には、学生納付特例制度があります。

国民年金基金

国民年金基金は、自営業の方やフリーランスの方など国民年金の第1号被保険者の上乗せ年金として創設された公的年金制度です。
国民年金基金に加入できるのは、いずれの条件も満たしている方です。

詳しくは下記のページをご覧ください。

北海道国民年金基金このリンクは別ウィンドウで開きます

国民年金の基礎年金

老齢基礎年金

65歳になって、保険料を納めた期間と免除された期間および合算対象期間を合わせて25年以上ある方に支給します(第2・3号被保険者期間がある場合、請求手続きは砂川年金事務所です)。

障害基礎年金

国民年金加入中に障がい者となり、障害年金に該当する場合に支給します。また、20歳未満で障がい者となり20歳に達した場合には、障害年金の支給を受けることができます。

遺族基礎年金

生計を維持する被保険者または老齢基礎年金の受給資格を満たしている方が死亡された場合、その遺族(子を有する妻または子)に支給します(死亡日が第3号被保険者期間にある場合、請求手続きは砂川年金事務所)。

国民年金その他の給付(第1号被保険者)

付加年金

国民年金に加入中の方が、毎月の保険料のほかに付加保険料を上乗せして納めることにより、納めた月数に応じて、付加年金を老齢基礎年金に上乗せして支給します。

寡婦年金

老齢基礎年金の受給資格を満たしている夫が年金を受けずに死亡された場合、10年以上の婚姻関係があり生計を維持されていた妻に対して、60~65歳の間支給します。

死亡一時金

3年以上国民年金保険料を納付した方が年金を受けずに死亡された場合、生計を同じくしていた遺族へ支給します。

国民年金未支給請求

国民年金を受給中に死亡された方には、死亡した日の属する月分までが支給されますが、受給権者の死亡後は、遺族への未支給年金として支給します。

お問い合わせ先

砂川市 市民部 市民生活課 戸籍年金係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線207・208・209) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから