ホーム > 生活・くらし > 戸籍等届出・証明 > 住民票やマイナンバーカードへの旧氏(旧姓)併記について

住民票やマイナンバーカードへの旧氏(旧姓)併記について

旧氏(旧姓)併記が可能になります

 近年、婚姻等で氏(姓)に変更があった場合でも、引き続き社会において旧氏(旧姓)を使用しながら活動する女性が増加しています。

 そのため、令和元年11月5日から旧氏を公証するための手段として、希望する場合に限り住民票やマイナンバーカード等への旧氏の併記が可能となります。
 併記をすることで、旧氏での契約や職場での身分証明等に活用することができます。

旧氏(旧姓)とは?

「旧氏」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

申請方法

戸籍謄本※とマイナンバー(通知)カードをお持ちのうえ、戸籍年金係で手続きをしてください。
記載できる旧氏は1人につき1つです。
※併記を希望する旧氏から現在の氏に至るまでの一連のすべての戸籍(原本)の添付が必要となります

旧氏に関するQ&A

Q1 現在、マイナンバーカードを持っていませんが、旧氏を併記する手続はできますか

A1 可能です。その上で、マイナンバーカードを申請することで、旧氏が併記されたカードが交付され、証明に使うことができます。
なお、すでにマイナンバーカードをお持ちの方は、追記欄に旧氏を追記することになります。

Q2 どのような旧氏が併記できますか

A2 はじめて旧氏を併記する場合には、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選んで併記します。(その際、マイナンバーカードまたは通知カードを併せて提出し、同時に併記する必要があります。)
なお、引越しで他の市町村に転入した場合も、住民票等に併記されている旧氏は引き継がれます。

Q3 結婚して氏が変わりました。すでに併記されている旧氏はどうなりますか

A3 すでに住民票等に併記されている旧氏は、氏が変わった場合でも引き続き併記され続けますが、氏の変更の直前に戸籍に記載されていた氏に変更することも可能です。

Q4 旧氏を削除することはできますか

A4 必要がなくなった場合などには、旧氏を削除することが可能です。 ただし、削除後に再度、旧氏併記を希望する場合、削除後に氏が変更したときに限り、新たに生じた旧氏の中から1つを選んで併記することとなります。

Q5 住民票等に併記されている旧氏を表示しないようにすることはできますか

A5 旧氏は氏名と併せて公証されているものであることから、旧氏または現在の氏の一方のみを表示することはできません。

Q6 旧氏で印鑑登録はできますか

A6 旧氏での登録も可能です。ただし、現在の氏もしくは旧氏いずれか1つのみの登録となります。

 

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 市民部 市民生活課 戸籍年金係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線207・208・209) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから