ホーム > 市政情報 > 市役所・職員 > 建築住宅課住生活支援係長

建築住宅課住生活支援係長

nakamura

建設部建築住宅課住生活支援係
係長 中村 洋
平成18年度採用
出身地:旭川市

これが私の仕事

nakamura

建築住宅課住生活支援係は、市内の空き家情報の収集や利活用可能な空き家の提供、家をお持ちの方又はこれから持ちたいという方の相談、家を取得や処分する時に活用できる補助金の支給などの業務を行っています。実は、平成29年の4月にできたばかりの新しい係で、引継ぎやマニュアルはありません。すべて一から手探りの状態でスタートしましたが、どうしたら、住まいの困りごとを解消する手助けをできるか日々考えながら業務をしています。

仕事をして一番うれしかったこと

nakamura

職場では、デスクワークだけではなく、お客様に積極的に働きかけていくことが求められます。実際に、こちらからの情報提供や働きかけによって、空き家の利活用につながり、家を手放す人からその家を取得した人につながった時に、どちらの方からも「ありがとう」と感謝の言葉をいただいたときが一番うれしいですね。

砂川市の職員を選んだ理由

takase

道内で就職先を探していた私は大学でまちづくりの研究をしていたので、直接住民の皆さんと関わる機会が多い自治体職員を志望していました。縁があり砂川市役所の職員採用試験を受験し、かれこれ13年砂川市役所に勤めています。就職してから、コンパクトながらも魅力的なまち、住み心地の良さ、職場環境の良さを感じており、2年前には市内に家も建てました。就職のときに砂川市を選んで本当に良かったなと思っています。

皆さんへのメッセージ

市役所の仕事は、本当に幅広いです。福祉や教育、商工、税金など書ききれないくらいたくさんの仕事があり、目立つことは無くても、その一つ一つの仕事は市民の皆さんの生活と密接に繋がっているので責任は重大ですが、その分のやりがいや充実感はひとしおです。学生のうちから行政の知識や技術を習得しておく必要はありません。就職したら学歴や出身地も関係ありません。大切なのは、どんな仕事でも前向きにできる気持ちや情熱を持てるかです。不安なこともたくさんあるでしょうが、職場の仲間でサポートしていきます。ぜひ、砂川市の職員として、一緒に成長し、補いあい、支えあいながら働いてみませんか?

お問い合わせ先

砂川市 総務部 総務課 職員係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線308・309) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから