ホーム > 市政情報 > 市役所・職員 > 総務部開発推進課開発推進係技師

総務部開発推進課開発推進係技師

鈴木

総務部開発推進課開発推進係
技師 鈴木悠斗
平成27年度採用
出身地:月形町

これが私の仕事

鈴木

建築技術職は大きく分けて2つの仕事があります。1つは建築確認申請等の審査をする業務、そして私が担当している公共建築物の建築・営繕工事の設計や工事監理を行う業務です。工事監理業務は、学校や公営住宅といった公共建築物の新築、改修、修繕等の工事発注や工事現場に赴き、工事監督員として、工事が設計図書通りに進んでいるかを確認し、現場代理人と打合せを行い、確認事項について指示などを行います。現在は既存の建築物を、より長い期間維持していくための改修・修繕工事の仕事と、新庁舎建設工事の工事監理を庁舎建設推進課と一緒になって行っています。

仕事をして一番うれしかったこと

鈴木

公共建築物は、市民の方たちが安心して利用できるような空間であることや、市の印象を決めるシンボルとなるような役割があると思っています。そのような建物の工事に当たっては、工事中の様々な問題に対処するためにも、建築の深い知識が必要で、工法や材料の選択など、苦労する場面もありますが、定めた工期内に完成させた後、市民の方から感謝の言葉をいただいたときが一番うれしい瞬間です。

砂川市の職員を選んだ理由

鈴木

砂川市出身ではありませんが、出身地から比較的近いこともあり、幼いころから子どもの国へ遊びに行ったり、学生時代は部活動等でお邪魔をさせていただくことが多く、緑が豊かで、とても過ごしやすそうな街であるという印象を持っていました。就職活動に当たり、砂川市が建築技術職を募集しているのを見つけたとき、「ここだ!」と思い受験しました。あと、スイーツがたくさんあり、どれもとてもおいしかったこともあります(笑)

皆さんへのメッセージ

現在まで働いてみて建築技術職の仕事は、まちづくりなどの大きな視点からボルトの1本ほどの細やかな視点まで、幅広い知識が要求され、スペシャリストであることに加えてゼネラリストであることが必要だと感じています。現在もなお、建築を勉強している身ではありますが、職場の仲間と助け合い、一緒に成長していけたらいいなと思っています。令和3年には新庁舎が完成予定です。皆さんと新しい庁舎で一緒に働けることを楽しみにしています!

お問い合わせ先

砂川市 総務部 総務課 職員係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線308・309) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから