ホーム > 部長のページ > 平成29年 > 7月の様子

7月の様子

7月14日 JR北海道わがまちご当地入場券(第1弾)

経済部長の福士です。
7月14日(金)に、20日から販売される砂川駅のご当地入場券のうち「NO1」と「NO2」のご当地入場券が、円馬砂川駅長から記念として市へ贈られました。
ご当地入場券には、キャンペーンに参加するための応募券が付いていて、対象駅のみで販売されます。
通勤、通学、旅行などで集めて、応募するのも楽しそうですね。

動画なし

7月13日 高齢者軽スポーツフェスティバルが開催されました!

市民部長の中村です。
7月12日(水)総合体育館で、関係者を含め360名の参加を得て高齢者軽スポーツフェスティバルが開催されました。
この日は、午前中に一時小雨が降ったものの暑い一日となり、水分補給の休憩を入れながら進行しましたが、個人競技や「玉入れ」、「じゃんけんリレー」などのチーム競技のほか、アトラクショントでは、砂川音頭や北海盆歌を輪になって楽しく踊り、この日、研修の一環として参加いただいた砂川市立病院附属看護専門学校の皆様のご協力もあって、たいへん楽しいひと時となりました。
競技の結果は、新石山高齢者クラブ、新泉高齢者クラブ「福寿会」、宮川「寿会」、北光老人クラブで構成された白チームが優勝しましたが、何より参加された皆様の交流や親睦が深まったのではないでしょうか。
この日の運営には、市と共催の老人クラブ連合会をはじめとして、民生児童委員協議会、社会福祉協議会、ささえあいセンター(地域包括支援センター)の皆様にご協力をいただいております。暑いなか、前日までの準備から当日の片付けまで、たいへんありがとうございました。深く感謝申し上げます。市では、高齢期を迎えても地域で安心して暮らすことができる「地域包括ケアシステム」の構築に力を入れております。関係者の皆様、市民の皆様、今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

高齢者軽スポーツフェスティバル

和やかな雰囲気のアトラクション

高齢者軽スポーツフェスティバル

輪投げゲームも盛り上がりました

高齢者軽スポーツフェスティバル

看護専門学校の皆様にもお手伝いいただきました

動画なし

7月12日 北海道大学の農業サークル「Agees」

経済部長の福士です。
7月10日(月)、北海道大学の農家に行くサークル「Agees(アギーズ)」のメンバーのうち3名の方にお越しいただいたので、市内の農地などを案内しました。
「Agees」は、2006年に設立された「気軽に現場へ」「現場から勉学へ」「実りあるつながりを」を活動の柱としているサークルで、土日に農家へ出向き、農作業をしながら農家から学び、水曜日のミーティングで発表し、学びを共有しています。
今回は、武田圭介議員の仲立ちで、砂川の農家とサークル活動との連携の可能性を探るため、砂川市を見ていただきましたが、今後も、農業に限らず「外から見た砂川」について聴く機会を設ける必要性を感じました。
3人とも誠実で真面目、将来が楽しみなしっかりした若者たちでした。
(写真提供:武田圭介議員)

冨平、高橋さんのミニひまわりに興味津々

一の沢、黒瀬さんのラベンダー園で色と香りの違いを確認

動画なし

7月11日 議員交流会に同行しました

議員交流会の様子

議会事務局長の峯田です。
昨日、赤平市で開かれた中空知ふるさと市町村圏議員研修会に随行しました。
中空知5市5町の議員さんが一同に集まっての交流会で、議員さん98名、特別職、職員を含めると160名ほどの出席でした。講演会では、講師として、NPO法人公共政策研究所水澤理事長さんが「アンケート調査から見える自治体議会と総合計画の課題」と題しての講演会と引き続き会場を替えて交流会が開催されました。日頃は、市議会の議員さんや事務局の方と会う機会が多いのですが、町議会関係の方との交流は、機会が少ないです。赤平市議会の皆さん大変ご苦労様でした。来年度は、砂川市での開催です。砂川らしいおもてなしを考えないと。

動画なし

7月11日 明日は高齢者軽スポーツフェスティバルです

高齢者軽スポーツフェスティバル前日準備

高齢者軽スポーツフェスティバルを翌日に控えた7月11日(火)総合体育館では会場の設営が行われ、主催者である市(介護福祉課)、老人クラブ連合会の役員の皆様およびささえあいセンター(地域包括支援センター)の職員のほか、民生児童委員協議会の皆様がボランティアでご協力いただきました。
この日は、たいへん蒸し暑く、水分補給をこまめにとりながら作業されたておりましたが、裏方のボランティアの皆様のご協力があって、はじめて円滑に高齢者軽スポーツフェスティバルが運営できているのだと感じます。
明日も暑くなることが予想されます。参加される皆様には、十分体調に留意され、交流・親睦が深まる高齢者軽スポーツフェスティバルになることをお祈りしています。また、運営にご協力いただいている関係者の皆様に対しまして、深く感謝申し上げます。

高齢者軽スポーツフェスティバル前日準備

高齢者軽スポーツフェスティバル前日準備

動画なし

7月10日 「クリーンプラザくるくる」の施設見学

くるくるの施設見学

市民部長の中村です。
7月6日(木) 上砂川中央小学校の先生2名を含む4年生21名をお迎えしました。
家庭などから出るごみの処理行程や生ごみから発生したメタンガスを電気に変えて「くるくる」の操業に利用していることなどをご説明しました。
限りある資源を有効に利用し循環型社会を実現するためには、あらゆる場面で廃棄物のリデュース、リユース、リサイクルが不可欠であるとともに、しっかりとした啓発活動が大切な取り組みの一つと考えています。
なお、施設見学につきましては、クリーンプラザくるくる(TEL  53-5353)にお問い合わせください。

動画なし

7月5日 行政視察が目白押し!

秋田県羽後町議会

議会事務局長の峯田です。
毎年、7月~9月は、北海道の気候もあってか行政視察が続きます。
7月4日は、秋田県羽後町議会教育民生常任委員会様、委員5名、随行1名で、「砂川市立病院における認知症疾患医療センターの役割と砂川市認知症初期集中支援チームの取り組みについて」7月5日は、幕別町議会様で「まちなか集客施設SuBACo」を調査に、前日の札幌での議員研修会の帰りに全議員でお見えになりました。
幕別町議会様には、今後庁舎建設の視察でお世話になります。
行政視察は、まちづくりの進んだ取り組み事例への視察が集中します。担当者には、ご苦労かけます。

秋田県羽後町議会

北海道幕別町議会

北海道幕別町議会

動画なし

7月4日 森の食卓ミングル

ミングル

経済部長の福士です。
7月4日(火)に、ハイウェイオアシス館内にグランドオープン(7月3日)したレストラン「森の食卓ミングル」で「砂川名物!森のグリルポークチャップ定食」をいただきました。(旨し!)
店内は森をイメージした落ち着いたデザインです。また、6mもあるチョークアートには物語が描かれていて楽しませてくれます。
子どもの国、ハイウェイオアシス館、そらいちマーケット、そして「ミングル」と、一年中様々な目的で楽しめますね!

制覇目指して!

動画なし

7月4日 安全祈願祭

経済部長の福士です。
7月4日(火)に、奈井江町米穀乾燥調製貯蔵施設(ライスターミナル)の増設工事安全祈願祭が行われました。
この施設は平成12年に奈井江町に建設された、壁に「中心蔵」と書かれた巨大な建物ですが、生産者の規模拡大等に伴い、処理量が増え、既存の設備では能力不足となったため、各設備の能力増強や増設をすることとなりました。
ライスターミナルは、奈井江町にありますが、新砂川農業協同組合が管理運営していることから、砂川市の水稲農家さんも大変お世話になっています。
厳粛な式典のなか、玉串奉奠をさせていただき、工事の安全と、今年も豊穣の年となるようお祈りしました。


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから