ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2018年 > 11月 > 雑感―図書館リサイクル市―

11月11日 雑感―図書館リサイクル市―

図書館リサイクル市

混声合唱団の合間をぬって、図書館2階で開催された「リサイクル市」へ。プレス空知の伊藤支局長も取材で来ていました。
本の好きな方150人が来場。当時結構な値段がしたであろうオールカラーの美術本もあった。皆さん時間をかけてしっかりと本を選んでいる。
若い人の本離れ(活字離れ)は凄まじいものがありますが、本は心を豊かにし表現力も豊かにします。
我が家の作り付けの天井までの書架(壁の両面)には、社会人になってからの本がびっしりと並んでいる。それ以前の読んだ本は父親の大阪転勤とともに全部処分されてしまった。
一番のお気に入りは、昭和49年市役所に入った時に買ったほるぷ出版の「復刻版日本近代文学集」。当時の私の給料の3倍くらいの値段でなかっただろうか?あのオイルショックの時代にこんな本を作る力が出版業界にあったのが不思議。当時の紙質やインク、製本技術をできるだけ再現した復刻版で、袋とじになっている本もある。今の本と比べるとなぜか新鮮かつシンプルな原色で綺麗に見える。半分程は現代版で読んでいるので汚すのが嫌で眺めるだけ。
古い本を見ていると、なぜかこんなことを思い出していた。

図書館リサイクル市2

古本

最近の市長動静はこちら

2018年11月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから