ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2018年 > 6月 > 藍綬褒章伝達式での政氏清冶さんとのお話

6月25日 藍綬褒章伝達式での政氏清冶さんとのお話

藍綬褒章伝達式(政氏清冶氏)

焼山の政氏清冶氏(写真左)が、農業基本調査員になってから52年間にわたり農業基本調査、農林業センサス、国勢調査などの統計調査に従事され、この度、藍綬褒章を授与され伝達式を市長室で行いました。永年にわたりその誠実さと責任感で市政・国政にご協力をいただいたことに、心から感謝を申し上げます。
政氏さんは、29歳で農業基本調査員となりました。当時からみると焼山の農家の数もずい分減少したとのこと。一番たいへんだったのは、焼山小学校と中央小学校の統合問題で、当時焼山小学校のPTA会長(受ける人がいなかった)をしており、解決まで5年間会長職を受けざるを得ず非常にご苦労されたとのことです。当時はまだ私も係長にもなっていない時代でしたが、私の住む晴見団地も焼山小学校と中央小学校に行く子ども達で分かれてました。
誠実な人柄であるゆえPTA会長を引き受けざるを得なかったことにより、ご苦労をおかけしたことに、今市長となった私からお詫びと敬意と感謝を申し上げます。いつまでもお元気でいてください!

最近の市長動静はこちら

平成30年6月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから