ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2019年 > 7月 > 気象観測システム完成

7月4日 気象観測システム完成

砂川消防本部気象観測システム

この気象観測システムは気象庁の検定を取得して設置したもので、観測統計方法は、気象庁の地上地表観測指針、統計指針に準拠しています。
7月中にホームページで公表予定です。
従来から消防署に観測装置はありましたが、気象庁の検定を受けられる装置ではなかったことからホームページに載せることができず、今回600万円かけて更新をしたところです。
システムの構成は、風向・風速計、湿度計、気温計、レーザー積雪深計、雨量計です。

気象観測装置

気象観測装置

雨量を計る装置

雨量計

『余録』

消防庁舎の屋上にはじめて上がりました。屋上から見た市内の風景です。

消防庁舎屋上からの風景

また、今日は第48回全道消防救助技術訓練指導会出場のためのロープブリッジ渡過訓練が行われていたので写真を撮ってきました。砂川地区広域消防組合消防本部増井彰吾士長、井上堅登消防士、関根知輝消防士の3名です。入賞を期待しています。

ロープブリッジ渡過訓練

ロープブリッジ渡過訓練

ロープブリッジ渡過訓練2

最近の市長動静はこちら

2019年7月の市長動静


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから