ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2020年 > 1月 > 砂川市新年交礼会

1月7日 砂川市新年交礼会

新年交礼会挨拶

令和となり最初の新年交礼会。砂川商工会議所、砂川建設協会、砂川市の三者の共催、274名の出席で盛会に開催されました。今年は稲津衆議院議員が厚生労働省副大臣、渡辺衆議院議員が防衛省大臣政務官に就任したことから出席がかなわず、神谷裕衆議院議員のみとなりました。道議会議員も今日は各常任委員会の開催日かつ新年会等で出席が危ぶまれましたが、地元稲村道議会議員と植村真美道議会議員が出席をしてくれました。

私の新年の挨拶は3点に絞り話しました。

1.砂川市庁舎の建設では、3月中に基礎工事が終わりその後は1階部分の建設に移る予定で、順調に工事が進んでいる。

2.砂川中心部の無電柱化は、今年は北門信金から南4丁目までの工事となっております。これで国道12号西側の工事が終了し、来年から東側の工事に入る。あと4年ほどで工事は終了の予定。旧パーラーグランドの後の施設建設については、今年から基本計画策定に入っていく。

3.駅のバリアフリー化については、未だ先が見えず申し訳ない。私は公約したものはもちろん、公約をしていない事業についても積極的に実施してきたが、残念ながら砂川駅のバリアフリー化については実現できていない。今、JRは廃線問題や新幹線札幌延長に伴う札幌駅の再開発に取り組んでいて、かつ退職する職員が昨年に続き今年も140名に達するかもしれないとの報道があり、現状の方式ではいつ実施になるか分からない。私の3期目もあと3年。何とか今までと違うアプローチをしたい。
札幌方面上り線ホームの東側の線路は、現在貨物列車が線路維持のために使われている。この線路を廃止して、地域交流センターゆうの方から直接上り線ホームにアプローチする方法はないのか?これだと支障物件もなく経費もかからずバリアフリー化が実現する。何とかオール砂川の期成会を立ち上げJR北海道に要望書(側線の廃止)を提出する取り組みを進めたい。

神谷裕衆議院議員

神谷裕衆議院議員

稲村久男道議会議員

稲村久男道議会議員

植村真美道議会議員

植村真美道議会議員

水島議長の乾杯

水島議長の乾杯

新年交礼会

其田商工会議所による結び

其田商工会議所会頭(左)の音頭で三本締め

建設協会三土会長

建設協会三土会長

最近の市長動静はこちら

2020年1月の市長動静はこちら

お問い合わせ先

砂川市 総務部 市長公室課 秘書係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線302) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから