ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2020年 > 10月 > 雑感―50年間使われた湯飲み茶わん―

10月1日 雑感―50年間使われた湯飲み茶わん―

雑感―50年間使われた湯飲み茶わん―

今日は10時から大会議室で決算審査特別委員会が開催された。
休憩時間に何気なく湯飲み茶わんを見ると普通のものより一回り小さい。縦に青い字で砂川市役所と書かれている。今まで何回も見ていたはずなのに、まさに昭和の匂いがプンプン!
調べてみると、湯飲み茶わんは、現庁舎が建設された時に大会議室・中会議室用に収納するクローゼットと併せて作られたようです。現庁舎の供用開始が昭和45年(1970年)ですので、ちょうど50年が経過したことになり、これを新しい庁舎で使えば100年以上使うこととなる。そんなことを想像すると、何気ない湯飲み茶わん一つにもロマンを感じてしまう。
これは捨てられない!

50年間使われた湯飲み茶わん

50年間使われた湯飲み茶わん

大会議室・中会議室用に収納するクローゼット

大会議室・中会議室のクローゼット。
中には湯飲みが収納されています。

最近の市長動静はこちら

2020年10月の市長動静

お問い合わせ先

砂川市 総務部 市長公室課 秘書係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線302) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから