ホーム > WEB市長室 > 市長動静 > 2020年 > 5月 > そらちライオンズクラブからサージカルマスクの寄贈

5月19日 そらちライオンズクラブからサージカルマスクの寄贈

そらちライオンズクラブ

そらちライオンズクラブから、市立病院へとサージカルマスク4,000枚の寄贈を受けました。奉仕活動の一環とのことで、市長室に来られたのは、長田和彦会長(写真中央)と幹事の野田正彦氏(写真左)、会計の木村利幸氏(写真左から2番目)の3名です。
市立病院ではマスクの備蓄はしていますが、コロナウィルスの感染が止まらなければ不足することを懸念していましたのでたいへん助かります。
そらちライオンズクラブは、砂川市や滝川市、歌志内市の広域で構成されているクラブで、1万枚用意したうち、砂川、滝川に4,000枚、歌志内に2,000枚を寄贈するとのことでした。たいへんありがとうございます。

『思ひで』
私が総務部長時代、故村田収そらちライオンズクラブ顧問に誘われ何度か例会に出席したことがある。村田顧問とは40歳頃から前菊谷市長との関係でお付き合いがあったが、市長になってからは公和会の新年会でしかお会いする機会がなかった。「一度市長室に来たい」と毎年言っておられましたが、実現しないうちに先月鬼籍に入られた。 市役所の内部管理事務しかやっていなく、民間の人との接点がなかった私にとっては、故山田昇元商工会議所会頭とともに記憶に残る人だ。

マスクの寄贈

サージカルマスクの寄贈

そらちライオンズクラブの皆さんと懇談

懇談の様子

最近の市長動静はこちら

2020年5月の市長動静

お問い合わせ先

砂川市 総務部 市長公室課 秘書係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線302) FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから