ホーム > 生活・くらし > 都市緑化 > 緑化政策

緑化政策

「緑あふれる公園都市」を目指して

砂川市は、昭和49年度に緑化都市宣言および砂川市緑化条例の制定を行い、昭和55年の開基90周年に向けた「砂川市緑化基本計画」にて示されたプランの実行にはじまり、こんにちに至るまで「緑あふれる公園都市」の実現に向け、都市公園整備や市内の緑の保全・維持管理などの緑化政策を推進しています。

現在の緑化政策は「砂川市緑の基本計画」をご参照ください。

緑化都市宣言

”都市における人間環境の整備”は、人間優先に立脚した諸行政の方向より、常に前進した姿で対処しているところであり、さらに将来にむかつても積極的に推進を求められる現代的重要課題である。

なかんづく、緑は住みよい都市を形成するに不可欠な要素であり、国土の開発により失なわれた緑を回復することは、人類生存上における大切な用務である。

砂川市は、未来像として緑美しい公園都市への願望を抱き、ここに緑を生み、育て、全市民の英知と力を結集して、郷土砂川を「緑あふれる公園都市」とすることを宣言する。

昭和49年9月11日
砂川市

お問い合わせ先

砂川市 建設部 土木課 都市計画係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線267) FAX 0125-52-2205
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから