ホーム > 市政情報 > 防災・防火 > 砂川地区広域消防組合 > 消防署からのお願い > 救急車の適正利用について

救急車の適正利用について

救急車は限りある資源です。正しく使いましょう。

砂川地区広域消防組合管内の(砂川市、奈井江町、浦臼町、上砂川町)平成28年の救急出動件数は1,575件出動しました。1,498人搬送し、前年と比較すると74件の増で砂川市は88件増加しました。​1日あたり4.3件の出動があり、搬送全体の45パーセントが65才以上の軽症の高齢者が占め、高齢化の進展が年々高まる傾向が示されます。

その症状は本当に救急車が必要ですか?

単なる酒酔いや打撲、切り傷程度で明らかに緊急性が低い救急要請もあり、タクシー代わりに呼ぶなどの不適切なケースが見受けられ、救急車で病院へ搬送した傷病者のうち、入院の必要がない急病の軽傷者の搬送は74パーセントにも上ります。

あなたの大切な人がもしも倒れた時、救える命を救うためにも

不適正な救急車の利用により、 緊急性があり今すぐ救急車を必要としている傷病者の対応が遅れ 『 救える命も救えなくなる。 』 事態を招きます。緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、 自家用車やタクシーなどの交通機関を利用して受診してください。

緊急性があり本当に救急車が必要なときには、ためらわずに救急車を呼びましょう。

救急車の正しい利用について市民のみなさまのご理解とご協力をお願いします。

本当に必要かどうかを考え、もしわからなければ問い合わせをしてください。砂川消防署(でんわ)0125-54-2196

救急車

全国でこうしたケースで救急車が呼ばれました。

  • 虫に刺されてかゆい
  • 鼻血がでた
  • 日焼けした足がヒリヒリする
  • 紙で指先を切った。血は止まっているが
  • 足をぶつけて打撲した
  • 受診予定日だから病院に行きたい
  • 入院予定日だから病院に行きたい
  • 自家用車がないから
  • タクシーだとお金がかかるから
  • 救急車で行くと早く診察してもらえそうだから

(注)救急車で病院に行っても優先とはなりません。重症度に応じての診察となります。

こんなときには迷わず119番このリンクは別ウィンドウで開きます(総務省消防庁の救急車利用マニュアル)

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川地区広域消防組合 本部
〒073-0152 北海道砂川市東2条北7丁目1-5
TEL 0125-54-2196 FAX 0125-52-2148
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから